2016.9.17 頑張れちゃっくん

この夏、お腹の調子が悪かったり、色々病院通いをしていた
もう年だからかなぁとか、楽観的に考えていた

お腹が相変わらずで、8月26日にうんちを持ってかかりつけへ
「大腸炎」だった
お薬もらって、お腹は良くなってきたのに

その日は突然やってきた

何日かして、あれ?あれ?足取りが変・・
フラフラしてる・・
あわてて29日に再び病院へレントゲンとって
ヘルニアかも・・
お薬もらって、様子をみていた

最初後ろ足だけ、ヘロヘロだったのが
前足までナックリング・・

へっ?!どうして?
頸椎まで悪いの?

この夏は普通に歩いていたのに

それから足取りはどんどん悪くなった
全く歩けなくなった
幸い食欲はあった
が、これもお薬の副作用ということらしい・・
この夏、フードはほんと拒否
ジャーキーやおやつばっかり欲しがった

お薬あげてる間も、不安な私は
何度も先生に泣きついた
投与しても一向に変わらない足取り
ヘルニアじゃないかも・・
6日に不安でまた病院へ

先生も・・
日大に検査しておいでと

この週、日大は学会で長期お休みだった
でもかかりつけの先生が、9日に予約を入れてくれた
d0038458_10530531.jpg
こんなに早く検査してもらえる
きっと大丈夫・・ぜったい

朝の9時前に病院について
病院を出たのは夜の8時だった

ありとあらゆる検査をしてもらった

ヘルニアではないようだ・・
神経かも・・
神経の先生が運悪くいらっしゃらなかったこの日
まだ、病状は解明していない
後日日大の診察の連絡が来る

怖い怖い怖い
最初の10日間は、泣くしかなかった
何が悪かったのかなぁ
どうしてなんだろう
このままいっちゃうのかなぁ
泣くしかなかった

動かない足をさすりさすり
動け~動け~って

でも一番辛くて、パニってるのはちゃっくんだよね
ごめんよ~よわっちいお母さんで

この日、何より嫌いな病院に1日おかれて
ストレスMAXのちゃっぴは、夜、血便
次の日うんちもって、かかりつけへ
良くなっていたお腹がまたまたゲイリー
お腹の薬もらってすぐ治った
良かった
d0038458_10531434.jpg
次の来院日の連絡待ちの今
泣いてても何も解決せんのじゃ
わかってるけど
ご飯食べてくれなかったりすると
急に不安になる
メンタル弱男ちゃっぴは、母譲りだったのか・・すまん・・

寝がえりから食事の介助から排泄
20.7キロあった体重は18キロくらいになっている
でも、重い・・
それでこの半月ネット検索の鬼となり
見つけたこのハーネス
随分楽になった

家の中もこれで移動させてもらえて
いつも私のそばで寝かせていられるようになった

ヘルニアではないので、本犬はゴロゴロころがされても
痛くはないようなので、動かせるかなと
これを見つけるまで
ちゃっくんが夜寝る寝室から動けないから
一人じゃ可愛そうで、
私たちも寝室にちゃぶ台置いて
食事もこそこで食べた
でも、今はリビングに連れてこれる

なので今もリビングのパソコンに迎えることができるようになった

d0038458_10532124.jpg
先日の父さんお休みにの日に
日大に検査代の支払いに行った
一回しか行ってないのに
駐車場の中にいるのに
緊張MAXになってたちゃっくん

大丈夫だよ
今日はドライブだよ

帰り道に公園によってランチ
借りてるこのカートで動けるかんね
どこでも行けるかんね
検査の時もこのカートごとお預けした
良かっただって、これなかったら
地べたに寝かされたかもしれないし
嫌いなケージに入れられたかもしれないし

検査が終わって診察室から
エリザベスカラーと点滴つけてるちゃっくんみたら
ほっとした
全身麻酔はやっぱなんか怖い

先代犬華子は肝機能障害で麻酔ができないと言われ
最後はとても辛そうだった




d0038458_10532861.jpg
歩けなくてもいいんだ、あたしが頑張る!!
生きていてくれれば!!
とかかりつけの先生にぼそっとつぶやいたら
「そりゃあんた側の都合でしょ!ちゃっくの身になって考えなはれ!」
と叱られた
動けないちゃっくんが一番辛いし、もどかしいもんね
ごめんごめん!
はい、ちみが治るように全力で頑張ります



[PR]
by chappiwan | 2016-09-17 11:39 | ちゃっぴ | Comments(0)

保護犬ワンコ「ちゃっぴ」と、母のの日々記録(ぼやき)


by ZU-KO
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30